小正月

元日を「大正月(おおしょうがつ)」1月15日を「小正月(こしょうがつ)」と言います。新潟近郊の小正月は「まゆ玉」を神棚にお供えし、稲穂に似せた作り物を家の中につるして豊作を願う習慣が綿々と受け継がれています。
小正月には、無病息災を願って餅(鏡餅)を入れた「小豆粥(あずきがゆ)」や「おしるこ」を食べる風習があります。
また、正月飾りの浄火(お焚き上げ・どんど焼き)を行います。この火にあたると無事一年を過ごせると言われています。

正月飾り

正月飾り(しめ飾りや松飾り)は清浄な場所を表し、歳神様の依り代(よりしろ)となり、迎え入れるための目印となります。一戸建は門柱や玄関戸、マンションは玄関ドアに飾ります。飾りつけの時期は、12月28日または30日に行います。

もっと詳しく

正月飾りには、注連縄(しめなわ)や注連飾り(しめ飾り)、松飾り、門松などがあります。
しめ縄としめ飾りは、災難や不幸が入ってこないよう外界の不浄と区別し、神様を迎える清浄な場所であることを示しています。邪気を払い神域を示す紙垂(しで)や縁起物として「家が代々繁栄」で橙(だいだい)、「誠実・清廉潔白」で裏白(うらじろ)、「よろこぶ」という意味で昆布などを添えます。
輪飾りは、注連飾りを簡略化したもので、門松の枝に掛けたり、台所など、家内の要所に飾ります。
門松は玄関先に左右一対で設置する松飾りで、松には神が宿り竹は長寿を意味し、一年の幸福を授けてくれるといわれています。
大晦日に飾るのは「一夜飾り」と言い、神を迎えるものを一夜で飾ることは不誠実とされ、29日も「苦の日」、「二重苦」、「苦立て」と言われ避ける習慣があります。

松の内

松の内とは、歳神様がいらっしゃる間のことで正月飾りを飾る期間のことを言います。最近は、1月7日までとされていますが、古くは小正月の15日までと言われていました。松の内を過ぎた後は、役目を終えた正月飾りを神社の「どんど焼き」で燃してもらいます。

もっと詳しく

年賀状も7日までですが、喪中の時に出す寒中見舞いが8日からであること、七草粥を食べるのが7日と言う風習があるように、7日までがお正月と考えられていたようです。
「どんど焼き」は、お正月のお飾りやお札・お守りなどを燃やす行事で、この残り火でまゆ玉に似せたおだんごを木の枝に差し焼いて食べたりします。

鏡餅と鏡開き

神様が鎮座するための場所が鏡餅です。由来には諸説がありますが、武士の家で鎧(よろい)の前に飾った「鎧餅」、鏡の前に飾った「鏡餅」、太古の鏡が丸い形をしていたなどです。鏡餅は12月28日または30日におまつりし、鏡開きは1月11日に行います。

もっと詳しく

年が明け新年を迎えると、その家々に神様がやってくると言われております。その神様をお迎えするためのお供え物が鏡餅なのです。鏡のように丸く真っ白なお餅には紙垂(しで)や御幣(ごへい)が飾られ、やってきた神様の御魂が宿る依り代(よりしろ)居場所となります。
飾り方については地方によって異なりますが、新潟では一般的に三方(さんぼう)の上に奉書紙か半紙を四方にたらして敷き、その上にゆずり葉や裏白を左右に置き、鏡餅をお供えします。鏡餅と裏白の間に昆布を敷き前にたらしたり、餅と橙の間からたらす飾り方もあります。そのほか、伊勢エビ、串柿などをのせたり、周りには、かち栗、ごまめ、柊(ひいらぎ)の葉などの縁起物をのせたりします。
鏡餅は縁起物ですので、手や木槌(きづち)でたたいて割り、包丁などで「切る」ことはタブーとされています。また、木槌でたたいて「割る」ことを、開運・末広がりを意味するおめでたい言葉で「開く」と表現し、お餅おしるこや汁粉、雑煮にして食べます。
昔は、将軍家に重臣や諸大名が参上すると、鏡餅の破片と酒がふるまわれ、絆を深める意味もありました。
神様の御魂の宿った鏡餅を戴くと新しい年の恵みや幸福さらには一年を元気に過ごせる御力を授かることができるとされております。
白山神社本殿に正月期間お供えされた鏡餅も1月11日に鏡開きが行われ小正月には参拝者に振る舞われます。

まゆ玉・餅花飾り

小正月には、餅や米の粉を団子状に小さく丸めて、水木(みずき)・白膠木(ぬるで)・柳などの枝に花のように飾りつけ、神棚の近くの柱や応接間、玄関などに飾ります。稲の花を表し、豊作を願って作られます。

もっと詳しく

霊峰白山一帯は農業と養蚕が盛んで特に信仰が厚かったとされます。綿作が盛んな地域では「餅花」、農業や養蚕が盛んな地域では「まゆ玉」と呼んで、豊作を願い、農作物や綿の実がよくなるように、蚕がよく繭を作るようにと祈りました。
花が咲いたように美しく、色彩が豊かで正月のおめでたい縁起物として飾られます。
現在では、さらに小判やお多福などの縁起の良いものをつけた、より賑やかなものになり、家内安全、商売繁盛、開運招福の縁起物として豪華に飾りつけされる傾向にあります。

小豆粥とぜんざい

正月の雑煮、七日の七草粥と同じように、小正月には小豆粥、ぜんざいを食べる風習があります。
ぜんざい(善哉)は「よきかな」と読めることから、一年間いいことがおこる縁起物とされております。
小豆の赤い色は邪気を祓うとされ、小豆粥、ぜんざいを食べると一年間、病気や災難から守られるといわれ家族の無病息災、家庭円満を祈りました。

もっと詳しく

ぜんざい、小豆粥を食べる風習は、平安前期、寛平(889~898年)の頃から始まったとされ、「枕草子」にも書かれています。「餅」は、「望月(満月)」の「望」を「餅」としてとらえて、鏡餅の丸い形が家庭円満の象徴とされたことから、もともと正月や祝い事等の「ハレの日」のための特別な食べ物とされておりました。正月の縁起物として、ぜんざいに餅を入れるようになったと考えられています。「開く」は末広がりを意味し、縁起のいい食べ物として古くより小正月に食べられております。神様にお供えしましたおさがりの御餅を食べることにより、より神様の御力を戴けるとされております。白山神社では1月15日の小正月14時より神前にお供えしました御餅をぜんざいにして振る舞います。

どんど焼き

小正月に、境内で前年のお札やしめ飾り、門松などを持ち寄って燃やす火祭りの行事です。この火にあたると若返る。この火で焼いたスルメや餅、団子を食べると一年間無病息災で過ごせると言われています。

もっと詳しく

どんど焼きの燃えさしの木切れを家のまわりに刺しておくと虫除けになる。天井に燃えさしをつるしておくと火事にならない。焼いた書き初めが高く舞い上がると習字の腕が上がるなど、地域により様々な言い伝えがあります。
どんど焼きは、「左義長(さぎちょう)」とも呼ばれています。左義長は平安時代宮中の清涼殿の東庭で行われていたといわれます。陰陽師がうたい、はやしながら火を燃やして悪魔を祓う儀式でした。それが、次第に広まり一年の初めに穢れ(けがれ)を祓い、無病息災、五穀豊穣を祈る行事となりました。

新潟総鎮守 白山神社

〒951-8132 新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1 TEL:025-228-2963 FAX:025-228-2959

このページの先頭に戻る