よくある質問

ご質問一覧

回答一覧

よくある質問

ご祈祷は毎日、午前9時〜午後4時40分まで行っております。お休みの日はありません。
おはらいは、9時00分、9時20分、9時40分、10時00分…というように概ね20分間隔で行っております。
※一部、祭典、結婚式の場合を除く
個人・ご家族でおまいりのみなさまは予約の必要はありません。
ご家族、お付き添いの方も一緒に本殿にお進み頂きます。控室でお待ち頂いても構いません。
受付時間は午前8時50分〜、最終受付が午後4時30分までとなります。
おまいりするところの右側に受付がありますので、当日お申込み下さい。おはらいは随時行っております。
おはらいの時間は上記を参照下さい。申込用紙に住所名前等を記入頂きますので、その時間も考慮下さい。

なお、神職が現地に赴いて奉仕する出張祭(地鎮祭・竣工祭・入居の清祓、神棚清祓等)については、事前に予約が必要です。
詳しくは神社までお問い合わせ下さい。
基本的にご予約をお願いしております。(車のおはらい等は除く)
大人数であったり、特別にお札が必要であったり、お札にお入れする名前など、
事前に準備が必要となりますので、できるだけご予約下さい。
玉串の順番であったり、司会の有無など細かな打ち合わせが必要な場合は事前に来社頂く場合があります。
初穂料五千円よりお気持ちをお願いしております。
会社・団体様には一万円よりのお気持ちをお願いしております。(車のおはらい等除く)
封筒に入れてお持ち頂く場合は、「初穂料(はつほりょう)」または「玉串料(たまぐしりょう)」と書き、その下にお名前をお書き下さい。
初宮詣(お宮まいり)、七五三の場合はお子様の名前になります。はだかのままお持ちになられても結構です。
西堀のつきあたり、地方裁判所の向かい側が神社の駐車場の入口になります。詳しくは交通アクセスをご覧下さい。
新潟バイパスからお越しの方は、まっすぐ昭和大橋方向に進み、古町の朱の鳥居を過ぎてすぐ左側です。
市役所方面からお越しの方は市役所を昭和大橋方向に進み、市役所を過ぎてすぐ右側です。右折レーンがありますので右折して下さい。
春祭り、夏祭り期間中でも警備員がおりますので、ご祈祷(おはらい)と伝えて下さい。ご案内致します。
1月初旬は、駐車場をご利用頂けませんので、近隣駐車場をご利用下さい。
ご予約は必要ありませんので、神社受付でおはらい申込みの際、その旨お伝え下さい。
おはらいの最中に、隣接します白山会館の写真場の準備を致します。
掛け着のレンタルも予約は必要なく、受付の際におっしゃって頂ければ大丈夫です。
また、おはらい終了後の会食をご希望の場合、「初宮パック」(おはらい+食事)もご利用頂けます。要予約
神前での写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。
席を離れて、子供をあやして頂いて結構です。
神前を離れ、後方で気分転換してもいいと思います。
大丈夫そうでしたら、席にお戻り下さい。
お電話でお問合せ下さい。人数、お札、お守りの有無などによって初穂料が異なってまいります。
神社内の白山会館で会食もできますので併せてお問合せ下さい。
喪に服している時は故人のおまつりに専念するため、神棚に半紙を貼って毎日のおまいりは控えます。
忌明けとなったら半紙を取り普段通りにおまいりしましょう。最も重い忌でも両親の五十日とされております。
近年では肉親が亡くなった場合でも仕事を休めるのは十日程度。ひとつの目安として、死の穢れによる忌みは十日祭まで。
気持ちの上での服喪は五十日祭までと考えていいでしょう。この間は鳥居をくぐったり神社におまいりすることはお控えください。五十日を過ぎたらおまいりして頂いても、おはらいを受けて頂いても構いません。
お札、お守り、おみくじは、毎日、午前7時から午後8時頃まで授与しております。受付までお申し出下さい。
※ 一部祭典、行事の日は除く
白山さまは別名を菊理媛(くくりひめ)という女の神様であります。
日本書紀に出ていらっしゃる神様で、夫婦の神様がケンカをした時に仲をとりもった神様ですので、より強く二人を結びつけて下さることでしょう。新潟では鎮守さまとして有名ですが、全国的には縁結びの神様として有名です。
例年8月ころより受付ております。詳しくはお問合せ下さい
平安時代の衣裳を着て市内を歩く、住吉行列のお手伝いをお願いしております。例年6月頃より受付けております。
ぽっぽ焼きは新潟の下越地域でのおまつりや縁日で買うおやつの定番です。地域限定食品に近いものがあり上越では知らない方もいるようです。
発祥は新発田市とされ明治のおわりから大正初期にかけて作られたのが最初のようです。
焼き器の蒸気口に笛をつけポーポーと鳴る音で客寄せをしたことから、また、蒸気が上がる様子が蒸気機関車(ポッポ)に似ていることからなど、名前の由来は諸説あり、蒸気パンとも言います。
3本100円ほどで、黒糖のほんのり甘くて香ばしい味で、白山神社では、お正月、1,2月の土日、梅、桜の季節、春祭り、夏祭り、半年詣り、新潟まつり、10月、11月の七五三の時期などにお店がでています。(神社では出店する日を把握しておりません)
おみくじの吉凶の順番を尋ねられた場合は、「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」という順でお答えしておりますが、単に順番の善し悪しで判断せずに、おみくじに書かれている内容が、ご自身にとって良いか悪いかで判断され、今後の生活の指針にされるのが良いでしょう。
※「おみくじ」は地域や各々の神社により様々な順番や種類がございます

お札・お供え物のおまつりの仕方

お札をお受けになりましたら粗末にならないよう神棚など清らかで明るい場所又は
目線より高い清浄な場所に南または 東向きにおまつり下さい。

横にならべてまつる場合

(1)中央  天照皇大神宮(伊勢神宮)
(2)向って右  白山大神(氏神様)
(3)向って左  崇敬する神社

重ねててまつる場合

(あ)手前  天照皇大神宮(伊勢神宮)
(い)中央  白山大神(氏神様)
(う)奥  崇敬する神社

  • 神棚にお札を入れる所が一箇所しかなく、やむを得ずお札を重ねる時は(あ)を一番前(表)とし
    順に後ろへ重ねて下さい。
  • 各地の神社をおまいりし、頂いたお札は崇敬する神社のお札の後ろに重ねて下さい。
  • お札が増えて納めることができなくなったら神棚の横に丁寧におまつりしましょう。
  • お札のまわりの薄い紙はお札が汚れないため、神様を直接見ることのない為のものと言われております。
    神棚におまつりする時には、薄い紙ははがしてもはがさなくてもどちらでも構いません。
  • 神棚の扉は通常閉めた状態ですが、おまいりする時、お正月など特別な時は神棚の扉を開けて頂いて構いません。

おまいりの仕方は、毎朝、手や口をすすいだ後、感謝の気持ちを捧げつつ、2礼2拍手1礼の作法でおまいりします。
お供えものをする場合、米・酒・塩・水などをお供えし、1日・15日には榊も新しいものに変えましょう。
そして、 家族の無事と健康、ご尊家の隆昌をお祈りください。
「神棚を設けるスペースがない」「家の雰囲気に合わない」などの理由でお札をおまつりするのをためらっていませんか?
そんな場合は、タンスや棚などの上に白い紙を敷き、そこにお札をおまつりしても大丈夫です。
大切なのは、神さまを敬い真心をこめておまつりすることです。

お札は
タンスや棚の上など、目線よりも高い清浄な場所を選び、白紙、白布などを敷いて、南向き、または東向きにおまつり下さい。(北、西を背にする。)
ご祈祷(おはらい)のお札も同様におまつり下さい。
家にお札をおまつりし、神様に日々お守り頂きご利益を頂戴しましょう。

お守り
普段からご自分でお持ちになるか、かばんに付けるなどして身の回りにお持ちになり更なる白山さまのご加護を頂きましょう。

絵馬は
お願い事を書いて神社の絵馬所に奉納(かけて)下さい。神棚などにおまつりされても結構です。

破魔矢は
災い、厄など悪いものを祓い除いて福を呼び込む縁起物ですので、神棚の横におまつり下さい。
和室の鴨居にたてかけてもよいでしょう。神棚がない方はお札と一緒におまつり下さい。
開運厄除、除災招福のご利益があります。

熊手は
新しい一年の福や幸せをかき集める縁起物で、家内安全、商売繁昌のご利益があります。

御神酒、御神饌(かつおぶし・昆布等)は
神様にお供えした物のおさがりです。みなさまでお召し上がり下さい。

箸・しゃもじは
日々使って頂き、更なるご利益を頂きましょう。

お札・お守り・破魔矢などは一年たちましたら神社にお持ち下さい。神社にて焼納致します。お正月の浄火にお持ち頂いても構いません。およそ一年ですので、一年に満たなくても、また過ぎていても構いません。


①注連縄②紙垂③榊立④瓶子⑤水器⑥平瓮(小皿)⑦三方(又は折敷、おぼん)⑧燈明などの家庭用祭器具があります。
注連縄は細いものを牛蒡注連、太いものを大根注連と呼び稲藁を左綯にしたもので、これに四垂れの紙垂を等間隔にはさみ込み神棚の上部に取り付けます。ここが神聖な場所であることを示すものです。。
榊立ては、神の宿る木、栄える木という意味を持つ榊を立てるためのものです。
豊かな緑はみずみずしい生命感にあふれて、神霊の宿る場所にふさわしいものです。
瓶子、水器、平瓮、三方は神饌(神様のお供物、召し上がるもの)を供えるためのものです。
瓶子にはお酒を、水器には水を入れ、平瓮にはお米やお塩を盛り、これらを三方にのせてお供えします。
お供え物は尊い順に、①米②酒③野菜④果物⑤塩⑥水となります。
横一列にお供えする場合は①を中央に⑤③①②④となります。6つの場合は①②を中央とし、⑥④②①③⑤となります。
毎朝お供えするのが望ましく、普段はお米、お塩、お水の三品です。
特別な日には、お酒、野菜、果物などもお供えします。初物や季節の食べ物、いただき物などは、私たちがいただく前に、まず神さまにお供えしましょう。お米、お塩、お酒なども神様のおさがりですのでお供えした後お召し上がり下さい。お清めとして、玄関などに撒いて頂いても構いません。
一年間、皆様を災いや厄など災難から守って下さり、身代わりとなって下さったお札、お守り、破魔矢をお正月に浄火で燃やすことにより、お札、お守り、破魔矢に宿られていた神様は天に帰られると言われております。
お正月におまいりできない方は、神社に「古神札納所」がおまいりするところの右側に常時ありますので、感謝の気持ちをこめて神社にお返しください。神社にて浄火致します。
古いお札を納めた後は新しいお札を頂き、お家におまつりし新たな年に災い、災難のないように、一年間の家内安全、身体健全、無病息災を祈り白山さまのご利益を頂きましょう。
お正月の注連縄、門松等のお正月飾りをお持ち頂いても構いません。
遠方等の理由により当社へ納めることができない時は、お近くの神社へ納めて下さい。
遠方の神社のお札、お守りを当社に納めていただいても差し支えありません。
浄火は12月29日〜31日、1月1日〜4日、1月7日〜9日、1月14日〜15日、6月30日、7月1日に行っております。
※天候などにより中止・変更になる場合がございます。

正月

12月31日は午前6時から1月1日の午後8時まで開いております。
1月2日以降は午前6時から午後9時まで開いています。
外からの参拝は24時間いつでも可能です。
12月31日午前9時から1月1日午後5時まで
1月2日〜1月4日は午前9時から午後5時まで
1月5日以降は午前9時から午後4時30分まで行っております。

※ 初宮まいりの場合、15日まで会社・団体のご祈祷が多いため、おすすめできません。
受付はしていますが、できれば1月下旬以降をお勧めします。また、車のおはらいも駐車場に入れませんので15日以降をおすすめします。
正月期間はご予約の会社様からご案内しております。お札の準備などもありますのでご予約下さい。
ご連絡頂ければ参拝の案内を郵送させて頂きます。尚、FAX、メール等でも、お申し込みいただけます。
基本的に通常通り20分毎に行っておりますが、繁忙時及び仕事始めの日などは極力お待たせしないように努めておりますが、約30分に一度くらいの間隔で行っております。10時〜11時前後が一番混み合いますので考慮して頂ければと思います。
12月31日午前9時から1月1日午後8時までです。
1月2日以降は午前7時から午後8時までです。
例年12月15日より授与いたしております。破魔矢、熊手などの縁起物は23日から授与しております。
年末のお掃除の時替えて頂いてもいいですし、新年を迎えてから変えて頂いても結構です。
となります。古いお札、お守りなど、お正月飾りなどです。不燃物、ぬいぐるみなど神社に関係のないものは固くお断り致します。
お正月の松の内、1月7日までと言われております。
例年、1月8日頃まで出ています。また過ぎても1月の土日は出ているようです。

七五三

本来11月15日におまいりするものと伝わっております。
これは陰暦で満月の十五夜に当ることや陰陽道によるものなど諸説ありますが、徳川六代綱吉の子、徳松君が天和元年11月15日行った事に由来するものとも言われておりますが、必ずしもこの日におまいりしなければならないということではありません。
まして新潟では秋雨というように11月中旬になりますと天候が不安定になりがちです。また、前祝いというように、お祝い事は繰り上げて行うことを吉としますので、新潟で一番天候の安定した暖かい10月の体育の日前後からおまいりする方が近年多くなっております。
また、神社でも10月のおまいりをおすすめしております。
本来数え年でするのですが、近年では満年齢でする方が増えてまいりました。割合も半分半分のようです。
数え3歳(満2歳)だとまだ小さいですので、満年齢でされる方も多くいらっしゃいます。
ちなみに数え年とは、その年誕生日を迎えてなる年に1歳足した歳のことです。
普段着でいらっしゃる方ももちろんいらっしゃいます。ただ、おまいりの後に家族で写真を撮る時などは着物を着てみなさまで撮った方が記念に残ると思います。
神社では七五三のおまいりの多い9月から12月初旬まで準備をしております。ただ、病気、出産など様々な理由によっておまいりできない方もいらっしゃると思います。一年を通してご祈祷(おはらい)は行っておりますので、受付にてお申し出下さい。
お渡しするお守り、おみやげ、千歳飴などが異なります。
9時00分、9時20分、9時40分、10時00分…と20分間隔で行っております。最終受付は午後4時40分です。
比較的混雑する時間は日曜日の11時前後が多いですが、概ね20分ごとにご祈祷を行っております。
10月後半〜11月前半の土日は、時間を決めず、常に15分〜20分間隔でおはらいを行っております。
繁忙期には受付を拡張して対応しておりますので、お待たせしないように努めております。
祭典、結婚式がある場合はお待ち頂くことがあります。
午前を予定している方と午後を予定している方にわかれますので、午前を予定していた方の終わった12時前後から2時くらいまでがおすすめです。
本殿に上がってから20分とお考え下さい。通常、受付からおはらいが終わるまで最長で約40分ということです。
神社内の白山会館でご祈祷と写真のセットがあります。また、衣裳のセットもありますので詳しくはお問合せ下さい。
例年8月下旬から12月初旬までです。

七五三セット

はじめに七五三のおまいりする日、おおまかな時間を決めてお電話下さい。 次に、白山会館までお越し頂き、衣裳を選んで頂きます。実際に試着して当日までにお子様のサイズに合わせて衣裳をすそあげ仕上げて用意致します。たくさんの衣裳を着て写真を撮りながら楽しんで選んで下さい。
たくさん撮った写真の中から、セットに応じた枚数写真を選んで頂きます。もっとポーズの違う写真が欲しいという方のためのオプションです。例:家族の写真を選んだけど、やっぱり記念に子供一人の写真も欲しい
何も必要ありません。髪のピンなどもすべて用意してあります。ドレス着用の方のみ白い靴下が必要です。
着物をお持ちの方の着付けは事前にご予約頂ければ致します。
着物をレンタルですと、事前に着物を選んで頂くなどが必要になってまいります。
通常、9時30分ご予約の場合、11時頃にはすべて終わる予定です。
繁忙時にはもう少しお時間かかる場合もございます。
時間内であればOKです。
白山会館の隣が白山神社ですので、外に屋根が続いておりますし、ご案内は中を通りますので大丈夫です。
白山会館で会食ができます。要予約となります。
当日、受付の際にお支払い頂きます。お支払いは現金のみとなります。焼増し料などは後日でも構いません。
できます。写真の控えがあればスムーズにできますので、お電話下さい。
できます。延期日などについてはご相談下さい。

七五三に関するよくある質問はこちらも併せてご確認ください。

このページのトップへ戻る