ご祈祷

おはらい受付時間

毎日、午前9時〜午後4時40分まで行っております。ご都合のよろしい日を選んでおまいりください。(年中無休)

おはらいは9時00分、9時20分、9時40分、10時00分…という様に、約20分毎に行っております。
通常、おはらいの所要時間は御本殿にお上がりいただいて20分程度とお考えください。
受付後、祈祷控室にてお待ち頂き、準備が出来次第御案内致します。
なお、御祈願は準備が出来次第の御案内を原則としておりますが、祭典・結婚式等および混雑時には30〜40分程お待ち頂く事もございますのであらかじめ御了承下さい。

※個人・ご家族でお参りのみなさまは予約の必要はありません。
当日お越し頂いて受付にて申込用紙にご記入頂き受付の後、準備の間控室でお待ち頂きます。

御祈祷料(一件につき)
特太祈祷 30,000円以上
特別太祈祷 20,000円
特別祈祷 10,000円
普通祈祷  7,000円
小祈祷  5,000円
おはらいをうける準備から当日までのながれ

会社・法人・団体の方々には初穂料一万円よりお願いしております。(車のおはらい等は除く)
郵送による祈祷、おはらいも承っております。

  • 封筒に入れてお持ち頂く場合は「初穂料(はつほりょう)」または「玉串料(たまぐしりょう)」と書きその下にお名前をお書き下さい。
  • ご祈願の後、
    ・ お渡ししたお札はおまつりし(下記参照)、お下がりの御神酒、神饌(かつおぶし、昆布等)はお召し上がり下さい。
    ・ お守りは、身につけたり、カバンの中などに入れて携帯して下さい。
    ・ 絵馬はお願い事を書いて、神前にある絵馬かけに奉納(かけて)下さい。

新年のご祈祷 お正月期間(1月15日まで)におはらいをうけられる方は、「白山神社の初詣」ページをご覧ください。

厄年厄祓(厄払い)・厄除け

厄年とは、人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすいと言われており、 災難や不幸が身に降りかかりやすい年のことです。

厄年とする年齢は、一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳、61歳です。 中でも、男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」といい、その前後の年齢も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」 とされ、特に忌むべき年齢といわれておりこの三年間は注意が必要です。

古くからお正月の松の内、節分までにお祓い(厄払い)を受けるものと言われておりますが、 最近では一年を通してお祓いを受ける方が多くいらっしゃいます。

この厄年に神前でお祓いを受け、白山大神さまの御加護をいただかれまして、災厄が身に降りかからないよう、 一年間無事に過ごせますようご祈祷をおすすめいたします。
一般的に厄祓・厄除けは数え年で行います。数え年とは、平成27年、誕生日を迎えてなる年齢に1歳足した年齢のことです。
厄祓(厄払い)・厄除け・八方除け年祝い・同窓会プラン

八方除(はっぽうよけ)

八方塞とは地相・家相・方位・日柄等から来るあらゆる災いにより、どの方向に向かっても不吉な結果を招き、 物事を始めるのによくない年周りと言われております。私たちは知らず知らずの内に方位を犯しつつ日常生活過ごしております。 こうした折に、白山大神さまの八方除の御神徳を頂いて、一切の災厄を除きいただき、開運成就、家内安全、 商売繁盛を招かれますようご祈願いたすのが、八方除のご祈願です。

また、本殿裏に鎮座する黄龍神社は方除けの神様であり、鬼門金神の悪い方向を避けて善事に導くことで建築、 開拓、土地に御力を尽くされ、また、転宅、嫁入、旅行など、今までと異なった生活に入らんとする方々のため、 量り知れない霊力によって無事安全、息災、病気平癒の祈願成就の霊験あらたかな神様であらせられますので、 お参りしていただき更なるご加護をいただきましょう。

厄祓(厄払い)・厄除け・八方除け

災難消除・開運厄除

日本では古くから災いは祓い清めることによって除災招福が叶うと信じられてきました。
厄年ではないが悪いことが続く、ケガ、病気をした。事故を起こした、悪いことが起こらないようにというような様々な災いを祓う厄祓祈祷、災難消除祈祷、開運厄除祈祷も承っております。
一般的に「悪いことが続くからおはらいしてきたら」という方は、このおはらいのことになります。
上記のようなことで、おはらいを受けにいらっしゃっても、厄年、八方塞がりの厄年に該当されておりましたら、その年回りによって悪いことが起きていると考えられますので、厄除けのおはらいをおすすめしております。
厄年ではないがよくない事が続く、ケガをした、また、悪い事が起こらないように。などのような方のおはらいです。
白山神社では、厄年の厄除祈願の他に、様々な災いの厄祓祈願も承っております。

年祝

年祝いとは、歳を重ね一定の年齢になると、人生の波路をはるかにこえてきたことを祝うもので、 その年には無事に人生を送れたことを感謝し、ますます壮健で長生きできるよう白山大神さまに祈念致しましょう。 男女数えの六十一を祝う古くからの美風です。太陰暦では十干、十二支の組み合わせが60年目毎にもとに還るので本卦がえり(ほんけがえり)とも、第二の誕生を迎えるとも言い、神社へ参拝し感謝の誠を捧げ、心新たにお祝いしましょう。
年祝い・同窓会プラン

交通安全・お車のおはらい

新車を購入された方など、不慮の災難・事故にあわないように、起こさないように車を祓い清め、 神前で交通安全を誓い大神さまのご加護をお願いするものです。
バス、トラック、作業車などの大型車で神社までお持ち頂くのが難しい場合は当社にて祈願後、 お清めのおはらいの切麻(きりぬさ)をお渡ししますので、後程、ご自身で車の正面に立ち切麻を左、右、 左とまいてお清めのおはらいをして頂きます。
交通安全・お車のおはらい

初宮詣り・お宮参り

お子様のご誕生より七日目にお七夜の祝いをし命名して、生後一ヶ月たつと初めて、鎮守白山神社に、 お宮参りに行き無事生まれたことを感謝し、赤ちゃんがすくすくと育つようにと益々の健康をお祈りする日本人の 古くからの人生儀礼です。住む地域により生まれてから五十日、百日等違いがあるようです。最近ではこの日にこだわらず、 赤ちゃんとお母さんの体調、天候などを考えて家族揃ってお参りされている方が多いようです。
また、白山会館において、記念写真を撮ることもできます。掛け着のレンタルも致します。詳しくは白山会館までお問合せ下さい。
初宮詣・お宮参り 初宮詣りご会食パック お宮参り写真パック

安産祈願

安産祈願は妊娠5ヶ月目の戌の日に参拝し子供を授かった事を感謝し、 元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯をしめる習わしがあります。これは、犬が安産で子犬の成長が早いことにあやかるものです。 腹帯をお持ち頂ければ御祈願の際、神前にお供えし祓い清めましてお返しいたします。受付の際にお申し出下さい。腹帯を身につけておまいり頂いても結構です。

必ず戌の日にしなければならない。ということではなく、お母さんの体調を優先し、ご家族一緒におまいりできる日がよいでしょう。当社では毎日、安産祈願を行っております。

安産祈願で心身と腹帯をおはらいし、清め、神さまに無事の出産をお願いした後は、両親など身内が集まり、お祝いの食事をし、子宝を授かったことを感謝しつつ安産を共に願うお祝い事です。

白山神社の境内には縁結び、安産、子育てに関係するものがたくさんあります。本殿の裏側のわかりずらい場所ですが、本殿前の朱色の鳥居の下、本殿脇のトンネルのようになっている場所を潜り抜けると道祖神という神様の石碑があります。
夫婦で餅をついている道祖神で、仲良く餅をつく姿がなんだかとても微笑ましいのですが、臼は女性、杵は男性に見立てられているとのことで、実はとても意味深でもあります。安産、子授け、子育て、縁結び、夫婦円満にご利益ありとされる神様ですので、安産祈願の際に立ち寄っておまいりされると、よりご利益を戴けると思います。無事の出産、成長をお祈りいたしましょう。
安産祈願

七五三宮詣

古くより、七五三とは、幼子たちが三才まで剃っていた髪を、初めてたくわえる「髪置」 五才の男児が初めて袴をはく「袴着」、七才の女児が、初めて着物の付紐を除いて帯を使い始める「帯解」と 呼ばれる式があり、いずれも、幼児が一人の子供として社会的に認められるための風習であり、男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳に神社に参拝して、無事成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事としておこなわれています。
七五三宮詣り

七五三のおはらいは例年9月より行っております。七五三の情報、おはらい・衣装・写真などのセットの情報は例年8月頃に更新しております。

また、12月より8月までの期間でも白山会館におきまして、衣裳とおはらいのセットをご用意しておりますのでお問合せ下さい。この間でも七五三のおはらいを特別に白山神社にて行います。

病気平癒

図らずも病にかかられた方の一日も早い御平癒、病気がいえること、手術の成功をお祈り申し上げ、 お体が一日も早く回復しますようお祈りいたします。

合格祈願

白山神社御本殿にお祀り致しております学問の神様、菅原道真公・天神さまの御加護をいただかれまして、 高校、大学などの志望校への合格はもとより、国家試験などの資格試験合格、就職試験合格をお祈りいたします。 また、一月二十五日、二月二十五日は菅原道真さまの縁日にあたりますので受験生の皆様、ご家族の皆様でお参りください。
合格祈願

必勝祈願

はくさんさまの「むすび」のご利益は全国的に有名であります。「努力が実をむすぶ」「いい結果にむすびつく」「成果が実る」とされ、「チームが結束する」「チームワークがよくなる」とも言われ、多くの方々の信仰を集めております。
必勝祈願

商売繁盛

毎年元旦から仕事始めの日をはじめ、商売の神、繁栄の神様として新潟県内外より数多くの方々よりおまいりを戴いております。
商売繁盛

家内安全・夫婦円満

はくさんさまは「結ぶ」御力に優れており、家族との絆を結ぶ「家内安全」の御神徳ありとされている神様であります。
日本書紀では、伊邪那岐、伊邪那美の夫婦の神様が口げんかをした時に、お二人の間に入って仲をとりもったという夫婦円満の神様でもあります。
家内安全・夫婦円満

縁結び祈願

はくさんさまは「菊理媛大神」と申され、別名を白山比刀iしらやまひめ)大神と申される女の神様であります。「くくりひめ」の「くく」とは、糸をくくるように人々の願いを聞き入れて下さる神さまであり、男女の仲を、糸をくくり整えるように取り持つ「縁結び」の神さまとして全国的にも有名であります。
全国的にも縁結びで有名な、白山大神様の結びの御神徳を頂いて、ふさわしい御縁を頂けるようお祈り致します。
縁結び祈願


身体健全・健康

神さまより頂戴した命を大切に思い、日々の心身の健全を祈り、病や怪我により健康を損なわず平穏に暮らせるようお祈りいたします。

神棚清祓(かみだなきよはらえ)

神棚を新たに家、事務所、工場等に設けるにあたり、新しい神棚を祓い清めて、宮形に新しいお札をお鎮めし、おはらいをして、いわゆる「御霊入れ」を行い、その家、会社が末永く神様にお守りいただけるよう祈願します。このおはらいは神職がその家に出向き行いますが、神社に神棚を持参してお祓いされても結構です。

神棚浄火清祓(かみだなじょうかきよはらえ)

引越しや買い替えなどで、今までお使いになっていた神棚を処分しなければならない場合があります。 神棚は神さまがお住まいになっている場所ですので、そのようなときは今までのご加護を感謝し、神様の御霊を抜く祈願です。そして、処分にあたり、お家の家族に災いが降りかからないよう、祝詞を奏上し、神様にお願いを申し上げます。おはらいの後、神社にてお焚き上げするのが正式な方法です。長年のご加護を感謝し、より丁寧な方法をとれば、今後も神様のご加護を頂けることでしょう。神鏡や御幣は神様の宿るものですので一緒にお持ち頂いても構いません。神棚に置かれていた供物の用品の中には燃えないもの瓶子、皿などは、お米やお酒を入れるものですので、一般のゴミとして処分して頂いて構いません。

人形清祓(にんぎょうきよはらえ)

お人形、ぬいぐるみ等の処分にあたり、人形を清めるおはらいをすると共に、処分にあたる方々に災いや悪い事が起こらないようにおはらい致します。おはらいの後、お人形はお持帰り頂き、一般のゴミとして処分して頂くようお願い致します。当社では引き取り、処分は一切致しておりません。お人形一体でも段ボール一箱でも五千円以上のお気持ちをお願いしております。

当社ではおにんぎょう、ぬいぐるみ等の浄火、処分は行っておりません。
当社では水子供養、写真の供養等は行っておりません。

当日は天候により中止・変更になる場合があります。
不燃物(ガラス類など)の浄火はご遠慮下さい。
係員・ガードマンの指示に従って下さい。

◇浄火に関してのおねがい

近年浄火に、お人形や、ぬいぐるみ、不燃物、紙類などをお持ちになられる方があり、大変困惑しております。浄火の火は神様の火であり、お札、お守り、しめ縄、松飾りなどをお焼きする特別な火の神事であります。
現状では浄火の存続が難しくなります。
みなさまの心ある対応をお願い致します。

浄火できるもの 浄火できないもの
お札、お守り、破魔矢、熊手、しめ縄、正月飾り、神棚、さかき、神棚の燃えるもの だるま、にんぎょう、ぬいぐるみ、仏具・経典、千羽鶴、干支の置物、年賀状、ノート、書類、財布、手帳、本、写真、故人の遺品、日用雑貨品、 結納品、のし袋、香典袋、神棚のガラス、餅、こけし、鏡餅パック、みかん、お神酒のビンや缶類等の不燃物

◇郵送によるご祈祷のお申込みについて ご祈祷につきましては、参拝の上お受けいただくのが本来でありますが、ご遠方、お年を召して、 また体が不自由といった理由等でご参拝できない方々のために、郵送によるご祈祷のお申し込みを受付ております。

  • ご祈祷・おはらいの願意(趣旨)、お名前、住所、電話番号をお書き頂きまして初穂料を併せてお送りください。おはらいの願意ひとつにつき五千円以上のお気持ちを頂戴しております。
  • お申し込みを頂きましたお願い事は、ご祈祷の後、お札とおさがりを郵送致します。
  • お送りしましたお札は、神棚などの清らかな場所にお祀りになり、白山大神さまのご守護とご利益をお授かりください。

ご不明な点はお問い合わせください。

祈祷申し込み(個人)はこちらから
祈祷申し込み(会社・団体)はこちらから

出張祭について

白山大神様は地主神としてまた新潟開拓の守護神、鎮守さまとしての御神徳を発揚される建築、 家造りにもっとも関係の深い神様であります。家を建てる時は工事始めの地ならしをすると同時に四隅に 笹竹を立てその土地を祓い清め地鎮祭を行い安住の地といたしましょう。

地鎮祭や竣功祭、家屋の改築や入居の清祓などは、神職がその場に出向し祭典をご奉仕致します。

祭典の種類

  • 地鎮祭(じちんさい)・起工式(きこうしき)
    建物の新築や土木工事を始める前に、産土神やその土地の神さまをお迎えし工事の安全と災難消除、将来の無事安穏を祈念する お祭りです。
  • 上棟祭(じょうとうさい)
    建物を新築し棟木を上げるにあたり、家屋の守護神をお迎えし、末永く災いがなきよう祈念するお祭りです。
  • 竣工祭(しゅんこうさい)
    建物の工事の無事完成を祝い、神々に報告・感謝し、家庭や事務所の営業繁栄・業務安全を祈念するお祭りです。
  • 入居祓(にゅうきょばらえ)・神棚清祓(かみだなきよはらえ)
    新築後や建て売り住宅・中古住宅マンションなど購入後、入居前に家屋をおはらいして祓い清め、平穏無事・家内安全・ 災いのないよう祈るお祭りです。また新たに家に神棚を設ける際のお祭りも行っております。
  • 工事安全、商売繁盛、災難除のおはらい
  • その他
    開店のおはらい、井戸に関するお祭(井戸埋め)、家屋の解体、増築・改築、選挙事務所開、火入式、木を切るおはらいなど

出張祭典の初穂料

通常、神職1名が現地に出向き祭典の御奉仕を致します。この場合は、初穂料20,000円以上のお気持ちを頂戴しております。
(米、酒、季節の野菜、果物、塩、水等ご用意いただきます。)
神饌、祭器具一式を当社で準備する場合は初穂料30,000円以上のお気持ちを頂戴しております。

お申し込み ※要予約

お申し込みは、電話でお受け致しますが、細かな打合せが必要な場合は、御来社頂く場合があります。
一週間前までにお申し込みください。
TEL:025-228-2963
出張祭

◇喪に服している時は

喪に服している時は故人のおまつりに専念するため、神棚に半紙を貼って毎日のおまいりは控えます。忌明けとなったら半紙を取り普段通りにお参りしましょう。身内が亡くなると一定期間、喪に服すことになります。これを服喪(忌服)といい、亡くなった方との関係によりその日数は異なります。
父、母の50日、夫30日、妻、祖父母、兄弟姉妹、叔父叔母20日、息子、娘10日、いとこ3日と続きます。
上記より遠い親戚の場合はより短い日数で数日となります。
その期間は神社への参拝は控え、故人のおまつりに専念してください。

このページのトップへ戻る