ご祈祷

初宮詣り・お宮参り

お宮参りって何?どういう意味があるの?

お宮参りって何?
お宮参りって何?

古来、赤子の命ははかないものでした。やっと世に出たその命が、わずか二日三日で果ててしまうなど日常茶飯事のことでした。そんな赤子が何とか生を永らえ、赤子は生後はじめて新潟の総鎮守、氏神さまである白山さまにおまいりをし、神主さんに赤子の名前を読み上げてもらい誕生を祝い、無事に産まれた感謝と健やかな成長と幸福、ますますの健康を家族でお祈りする日本人の古くからの人生儀礼です。神様に名前を読み上げて戴き一人の赤子として世間に認められる儀式でありました。
男児三十一日目、女子三十二日目におまいりすることが古来は多かったですが、「百日詣り(参り)(ももかまいり)」といって百日目におまいりする地域もあり、新潟でも場所により異なります。最近ではこの日にこだわらず、赤ちゃんとお母さんの体調、天候などを考えてご家族そろっておまいりされている方が多いようです。

ちなみに、日数は赤ちゃんが誕生した日をカウントして数えます。

お宮参りには安産祈願のお礼まいりの意味があります。お宮参りの際に安産のおまもり等を神社にお返しください。

お宮参りはいつすればいいの? 新潟のお宮まいり

新潟のお宮まいり
新潟のお宮まいり

白山神社には、誕生より約100日前後でおまいりされる方が一番多くいらっしゃいます。新潟では冬の寒さが厳しいので、気候のいい春や秋に「お宮参り」に訪れる方も多くいらっしゃいます。

たとえば、11月に生まれた赤ちゃんが暖かくなってから4月、5月にお宮参りにいらっしゃることがよくあります。

反対に、10月に生まれた赤ちゃんが寒くなる前に11月にいらっしゃることもあります。最近では日数にこだわらず、赤ちゃんとお母さんの体調、天候などを考えて家族揃ってお参りされている方が多いようです。白山神社でも日数にこだわっておりません。お天気の日に神社で写真を撮るといい記念になると思います。

お宮参りのときに赤ちゃんは誰が抱けばいいの?掛け着はいつかけるの?

掛け着はいつかけるの?
掛け着はいつかけるの?

おまいりの時は父方の祖母が抱き、掛け着をかけるのが一般的です。これは、初宮詣りのおはらいをするまで母親は身を慎むという風習の名残です。
近年では母親や父親、母方の祖母が抱いている姿もよく目にいたします。

掛け着をかけるタイミングは正式には決まっていませんが、到着時より写真を撮るご家族を多く見かけますので神社に到着されたらすぐにかけた方がいいと思います。ただ、暑かったり、寒かったり、雨であったり、その時の状況によって変わってまいります。できれば、神前でのお宮参りのおはらいの際は掛け着をかけられた方がいいと思いますので、予めご準備の上お待ち下さい。
また、近年では、あかちゃんの体調を考えベビードレス等で参拝される方も多数おられますのであかちゃんのことを優先し服装等をお決め下さい。

また、あかちゃんが神社で泣くと元気に育つという言い伝えがあり、昔はわざと神社であかちゃんを泣かせていたそうです。おはらいの最中にもしあかちゃんが泣き出しても心配しないで下さい。もし周囲が気になるようでしたら、おはらいの最中に後方であやしながらお待ち戴いてもいいですし、お名前が読み上げられましたら控え室でお待ち戴いても構いません。


〔このページの先頭に戻る〕

白山神社のお宮まいり

新潟では冬の期間、なかなかお天気に恵まれず、外の境内で家族の記念撮影ができればよかったな。という感想をお聞きします。一生に一度のお宮まいりですので、ぜひ写真という形で残してほしいと考えております。

本殿でのお宮まいりの祈祷中はカメラ撮影をご遠慮戴いております。そこで、控室にお宮まいりの方のための撮影をできる場所を用意しております。
(但し正月期間や七五三の繁忙期には場所を移動しております。ご利用になれない場合もありますので、当日お尋ね下さい。尚、利用はお宮参りのおはらいをした方に限らせて戴きます)

白山神社でお宮参りをした思い出を家族で写真を撮り、おめでたい人生の儀礼をお過ごし戴ければと思います。

※お宮参りのおはらいの最中の本殿内での撮影はご遠慮ください
※赤い鳥居、池周辺、参道歩道を含む神社敷地内では、営利・非営利を問わず神社写真室以外の業者による撮影を固くお断り致します
※当社が業者と判断した場合、対象者の親戚友人関わらず、理由の如何を問わず撮影をお断り致しますので予めご承知おきください

白山神社のお宮参り 白山神社のお宮参り 白山神社のお宮参り 白山神社のお宮参り
緑あふれる白山神社境内でロケーション撮影ができるのは白山会館写真室だけ! 初宮詣り 写真パック

授乳室を新設致しました

お宮参りの際に、授乳室はありませんか?という声を頂戴しておりました。今までは白山会館の授乳室までご案内しておりましたが、あかちゃんを抱いての移動は2分程度であっても大変でありましたので平成24年4月に祈祷が始めるまでの控室の向かい側に授乳室を新たに設けました。
控室の廊下をはさんだ向かい側と近いですし、個室ですので、仮にあかちゃんが泣いていたとしても安心です。おむつ替え用ベビーベッド、授乳用イス、調乳用のお湯と水、ダストボックス等を用意しております。一室しかありませんので順番にご利用戴ければと思います。お宮参りのおはらいの前後にご利用下さい。

男性用トイレ、女性用トイレにもおむつ替え用ベビーベッドを用意しております。従来通り白山会館の授乳室もご利用戴けます。

尚、ご案内しました時間でおはらいを始めさせて戴きますので、それまでにご準備の上、控え室にてお待ち下さい。もし間に合わないようでしたら次の回のおはらいまで20分程度お待ち戴くことになりますので予めご了承下さい。

授乳室 授乳室

虫封じのおはらい

虫封じのおはらい

古来より、赤ちゃんの夜泣き・癇癪(かんしゃく)・ひきつけ等、機嫌が悪くなりグズることを「疳(かん)の虫がついた」と表現してきました。子育てをしていく中で、子供が泣いていると心配になります。虫封じのご祈祷を受けて、子供の健やかな成長と、心身共に穏やかに子育てができるよう神様に願いましょう。

※癇癪とは、ちょっとしたことにも感情を抑えきれないで激しく怒り出すこと。

お食い初めの儀・箸祝い

「百日(ももか)の祝い」や「箸祝い」とも言われる「お食い初めの儀」は、あかちゃんの歯が生え始めたことを祝い、一生食べ物に困らないように、丈夫に育つようにとの願いが込められた平安時代から受け継がれる儀式です。
地域により多少違いがあるようですが、歯が生え始める生後百日目または百二十日目になりますと「お食い初め(百日祝い)」のお祝いをし、生活をしていく中で最も必要な食べ物に一生不自由することがないようにと念じて食べさせる真似ごとを行います。
伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」を用意し、赤飯、汁物、鯛など尾頭(おかしら)つきの魚、焚き物、香の物、歯固めの石、紅白の餅、勝栗などが供されます。

新潟のお宮参りの会食・食事

お宮参りの会食・食事写真

お食い初めの正式なやり方は、長寿にあやかり、祖父母や親戚のなかで長寿の人が箸をとって、赤ちゃんに食べさせるマネをします。赤ちゃんが男の子なら男性の養い親に、赤ちゃんが女の子なら女性の養い親に頼みます。このような人を「養い親」と言います。しかし近年では形式にこだわらず両親が行なえばいいとされております。

お食い初めの順番ですが、最初に鯛を赤ちゃんの口に持っていき、食べさせるマネをします。そして箸を福石に触れさせ、丈夫な歯が生えますように、とお願いしながら、福石に触れた箸を赤ちゃんの歯ぐきにあてます。

その後「赤飯→吸い物→赤飯→鯛→赤飯→吸い物」の順で食べさせる真似をします。この「赤飯〜吸い物」を3回繰り返したらめでたく儀式の終了となり、みなさんでお祝いのお食事となります。
食事には縁起の良いものを準備し、昆布やレンコン、しわがいっぱいになるまで長生きできるように梅干を添える習慣もあります。また、二の膳として紅白の餅を五つ添えるのが本格的なものです。

お宮参りの会食・食事写真

またこの時期は、早い子で歯が生え始める時期にあたり、丈夫な歯が生えますようにとの願いを込めて、膳に神社の石をお借りし「歯固めの石・福石」として添えます。

また、お宮まいりのお下がりで差し上げた「招福除災御箸」という、白山神社の由緒あるお箸をお食い初めの儀でお使い戴ければ、無病息災、健やかな成長が叶うとされてまいりました。健康の源である歯がいつまでも健康であるよう祈念してお使いください。

故に、家族団らんの中での饗膳・会食はまさにはくさんさまの御力・御恵みをいただく直会であり、最高の御膳なのです。

新潟ではお宮参りの後の会食とお食い初めの会食をあわせて一緒に行う方が近年増えております。これはお宮参りの際に遠方より両家のご両親をお招きする方が多く、その機会にあわせてご家族・親族いっしょに大勢であかちゃんの誕生をお祝いしましょう。という方が増えているように感じます。


白山会館では、お食い初めの食事とおはらいのパックをご用意しておりますのでご利用下さい。

お宮参りご会食パック

〔このページの先頭に戻る〕

新潟のお食い初めの儀  白山神社の福石・歯固め石

白山さまは古くより歯の守護神として信仰されて参りました。「歯固め石」を、お宮参りの際に神社よりお借りし、お食い初めの儀を行うことが古来よりのならわしであります。新潟の鎮守さまである白山神社の石を利用される方が多く、近年ではお子様の健やかな成長を願い白山神社敬神婦人会の皆様が福石を毎年奉納されております。神前にておはらいした「福石・歯固め石」をお食い初めの儀でお使い戴き、その後は感謝の気持ちを込めて元の場所にお返し下さい。
この石により、はくさんさまの御加護を戴くと共に、歯の丈夫な福男・福女に成長されるよう長寿にあやかれるようお祈り下さい。

また、白山神社には歯にまつわるたくさんの故事が残っております。

お食い初めの儀に白山神社の「箸」を使うと、無病息災、健やかな成長がかなうとされております。お宮まいりのお下がりとして、お守りと一緒に「招福除災御箸」を差し上げております。はくさんさまのご加護を戴き、健康の源である歯がいつまでも健康であるよう祈念してください。

白山神社の福石・歯固め石
白山神社の福石・歯固め石

神前にて歯固め石・福石をおはらいいたします。


白山神社の福石・歯固め石
白山神社の福石・歯固め石

お食い初めの儀でお使い戴き、
その後は感謝の気持ちを込めて
元の場所にお返し下さい。


白山神社の福石・歯固め石

敬神婦人会のみなさまが
おはらいに参加した後、奉納されます。

白山神社の福石・歯固め石

お宮まいりのお下がりとして
「招福除災御箸」を差し上げております。


はくさんさまは歯の神様・医療安全の神様

白山神社は「歯痛平癒」の御利益があるとされております。
詳しくは下記リンクにて。

はくさんさまは歯の神様・医療安全の神様
このページのトップへ戻る