お子さまの成長を願う、記念すべき「七五三」。白山神社のご祈祷とともに大切な一日を。

七五三を失敗させないための5つのポイント

おはらいのお申込みについて

七五三のおはらい

赤ちゃんが生まれて100日でお宮まいりをするように、男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳になりましたら、鎮守さま「はくさんさま」におまいりし、健やかな成長と幸せをお祈りする人生のお祝い事のひとつです。

誰もが子供の健康と幸福を願います。
七五三は子供の成長で大きな節目の年として考えられ、子供から大人として社会に認められたという意味を持つ重要な人生の行事として今日まで七五三の神社へのおまいりは行われてきました。

新潟の総鎮守、氏神さまである白山さまにおまいりをし、神主さんに子供の名前を読み上げてもらいこれまでの無事を感謝し、健やかな成長と幸福、ますますの健康を家族でお祈りする日本人の古くからの人生儀礼です。お子様の名前を神様の前で読み上げて戴き、一人の大人として世間に認められる儀式であります。

最近では写真を撮ることが七五三のようになっていますが、七五三の本来の意味は神社へ行き、お子様の名前を神様の前で読み上げて戴き、玉串を捧げておまいりをするのが七五三なのです。
赤ちゃんの時は玉串を自分であげることができなかったのが、七五三では自分でできる。自分で玉串を捧げて正式な作法でおまいりをする。これが大事なのです。

白山さまの七五三のご利益

七五三のおはらいは、神様に健やかな成長と幸福をお祈りすると共に、
ご両親、ごきょうだいをはじめご家族の縁をより強くするとても大切な行事です。

白山神社は、「結ぶ」お力に優れている神様「菊理媛神(くくりひめのおおかみ)」と「受験合格」「学問」の神様「菅原道真公」をおまつりしています。

「菊理媛神」の「くく」は、糸をくくるように人々の願いを聞き入れてくださる神様として「縁結び」「家内安全」「商売繁昌」「金運上昇」「開運招福」などのご利益を授かります。
天神様「菅原道真公」は、「学問」の神様として知られています。書道や和歌など芸能にも秀で、弓の名手でもある事から文武両道の神様として「受験合格」「厄除」など、子どもの守り神と親しまれています。

お子様が将来に渡り、より良い縁に恵まれ、学業・芸能・スポーツでも多くの幸をお授かり、健康で活発、聡明な大人に成長するよう願いを込めて、新潟の総鎮守、氏神さまである白山神社でおはらいを致しましょう。

おはらい風景

おはらいのながれ

おはらいは、白山神社本殿で行われます。本殿に上がると大太鼓が鳴り、ご祈祷が始まります。
最初に心身を清める、「修祓の儀(しゅばつのぎ)」おはらいを致します。
次に祝詞奏上(のりとそうじょう)」。お子様の名前が読み上げられ白山さまへお子様が七五三を迎えた感謝と健やかな成長、これからの幸せを祈願する祝詞が読み上げられます。

続いて巫女の神楽、奉奏「お鈴の儀」です。巫女の鈴により、白山さまの御恵みをお分かち致します。次に玉串拝礼。玉串を神前に捧げ、2礼2拍手1礼でご家族みなさまでおまいりをしていただきます。

修祓の儀修祓の儀
祝詞奏上祝詞奏上
お鈴の儀お鈴の儀
玉串拝礼玉串拝礼
2礼2拍手1礼2礼2拍手1礼

【所要時間】
本殿に上がってから約20分、受付からおはらい終了までは最長約40分です。

お申込み方法と受付時間

おはらいだけお受けになりたい方は、七五三宮詣り当日、白山神社本殿脇にある祈祷受付へお申込み下さい。ご予約は不要です。受付後、祈祷控室でお待ち頂き、準備ができ次第ご案内致します。

おはらいは、毎日午前9時00分、9時20分、9時40分、10時00分…という様に20分間隔で行っており、午後4時40分のおはらいが最終回となります。ご都合のよい日・時間にお越し下さい。

受付風景

七五三だけでなく、赤ちゃんのお宮詣りや車の交通安全祈願、お父様、お母様の厄除なども一緒に祈祷する事ができます(おはらい料別途)。おはらいは、みなさまご一緒となります。10月後半〜11月前半の土日など繁忙期には、受付を拡張し時間を決めず常に15分〜20分間隔で行っており、お待たせしないよう努めております。

【受付時間】
毎日 午前9時~午後4時40分おはらいのみの方は、予約不要です。

※おはらいは年中無休です。
※七五三セットには、七五三のおはらいの料金も含まれています。セットご利用の方のお申し込みは不要です。

  • ・赤い鳥居、池周辺、参道歩道を含む神社敷地内では、営利・非営利を問わず神社写真室以外の業者による撮影を固くお断り致します
  • ・当社が業者と判断した場合、対象者の親戚友人関わらず、理由の如何を問わず撮影をお断り致しますので予めご承知おきください

おはらいの初穂(料金)、のし袋の書き方

のし袋 のし袋は基本的に必要ありませんので、そのままお持ちいただいて構いません。
のし袋に入れる場合は、上に「玉串料」または「初穂料」、下には七五三のお子様の名前を書きます。
※七五三セットをご利用の方は、七五三のおはらいの料金が含まれています。 ※初穂料により、お渡しする撤饌が異なります。

七五三のお子様お一人のおはらい料金
初穂料
特別祈祷 10,000円
普通祈祷 7,000円
小祈祷 5,000円

七五三宮詣り限定!キティちゃん絵馬・お守りプレゼント

七五三宮詣りのおはらいを受けたお子様だけに、かわいらしいキティちゃんの絵馬を差し上げています。新潟には、おはらいをした際に絵馬を書く風習がありますので、おはらいを終えた後に「足が速くなりますように」「ケーキ屋さんになれますように」「勉強ができますように」などお願い事を書き、大きなキティちゃんの絵馬掛け前で、みなさん記念撮影をしています。
また、「交通安全」「健康」祈願のおはらいをした「キティちゃん七五三特別お守り」も差しあげております。幼稚園、保育園、学校のカバンにつけて、登下校の安全や病気から白山さまに守ってもらいましょう。
七五三プレゼント

千歳飴は健康で長生きするようにと願いが込められた縁起物です。おはらいをした千歳飴を食べてますます健康にお過ごしください。


七五三宮詣りの時期を過ぎた場合

白山神社では七五三のおまいりの多い8月22日から12月9日までを七五三期間として準備しておりますが、病気・出産など様々な理由によりおまいりできなかった方でも、一年を通して七五三のおはらいを行っておりますので受付にお申し出下さい。ただし期間外は、お渡しするお守りやおみやげが異なったり、千歳飴や絵馬等がつかない場合があります。

このページの先頭へ